プロを育てる 「受験対話」総合研究所
大学生のための就職対策講座
大学生のための就職対策講座 講座概要≫  料金のご案内≫  実績≫
講座概要

あなたの「人間を観察する力」と「考える力」「話す力」を育てます。

就職試験での質問です。「君が、いちばん影響を受けた人物を一人つれてきなさい」 と言われたら、あなたは誰と一緒に面接会場に入りますか?

あなたは、これまで自分を育ててくれた大人について、どれだけ語れますか?
もし、自分を指導し育ててくれた人のことを、また、自分の周りにいた人のことを
ちゃんと語れないとすると、あなたは誰のどういう指導で育てられ、誰からどのよ
うな影響を受けて現在の自分があるのか、つまり自分自身のことがよく分かって
ないということになります。これでは、いま自分が何をしたらよいのか、大学卒業
後にどうしたいのかを考えることは出来ないでしょう。

自分のことが分かってない。そして相手のことも分からない。ということは、いま
人と向き合っても、自分の発した言葉が、自分にふさわしい言葉だったのか、また相手
にふさわしい言葉だったのかを判断できないということです。
つまり、ちゃんとした人間関係がつくれないのです。
とすると、あなたにもし専門知識があったとしても、いまの企業には、人間関係のつくれない学生を一人前の社会人に育てる余裕はありませんから、不採用になってしまうのです。
つまり「人間力」のあることが、社会に参加できる必須条件になっているのです。
しかしこのことに、ほとんどの大学生は気づいていません。

現在、就職戦線は、縁故採用が主流になり、コネのない学生は、よほどの専門知識と人間力がないと、採用されない状況です。

「受験対話」の就職対策講座には、この17年、マスコミのほか、一般企業への就職希望者、公務員や教員試験の受験者などが数多く参加し、人間力に磨きをかける実践的なトレーニングを積んで成果を上げてきました。
「受験対話」は、大学生が、社会参加のパスポートを得るときに、何が苦手で、どういうアドバイスが有効かということを、つぶさに研究してきました。

この講座で身につけた「人間力」は、難関といわれるマスコミ面接はもとより、他の企業の面接でも、十分通用することは言うまでもありません。
「一流」を目指す学生が集まる講座です。まずご相談ください。

  • 大学生のための「日本語」実践講座
  • 読売新聞 マイベストプロ東京で紹介されています
講座概要

早稲田大学の学生の
ための「日本語教室」

 

【特別レッスン!】
 早稲田大学の学生のための「特別レッスン」を開講中です。特に、マスコミを志望する学生に求められる素養がジャーナリスト性です。面接官は、受験者にジャーナリスト感覚があるかどうかを、志望理由書や学生時代の体験、最近の関心事などの話を掘り起こしながら確かめようとします。 この特別レッスンでは、マスコミの合格に必要な「日本語」を身につけてもらうことを目的にしています。 フジテレビテレビ朝日TBS希望者枠は満員です。

学習院大学
学習院女子大学
の学生のための
「ビジネス・スピーキング」特訓講座

 

【特別レッスン!】
就職活動に入る前の学習院大学学習院女子大学の学生のための講座です。情報をわかりやすく説明し、さらに付加価値をつけた説明ができるようにする特訓講座です。そのためには、あなたが、自分の話しことばが、的確に表現されているかどうかを、まず点検するところから始めなくてはいけません。「基礎」から「実践」まで、社会人に必要な「ビジネス・スピーキング」の力を養成します。NHK日本テレビなどの放送記者を希望の学生は内容を変えます。

日本女子大学
の学生のための
「日本語教室」

 

【特別レッスン!】
日本女子大学の学生のための「知的な女性の話しことば実践講座」を開講中です。ブランドの洋服を上手に着こなしている女性でも、一言ことばを交わすと、残念ながら、話す言葉と、その外見の印象が、かけ離れている人がほとんどです。プライベートなおしゃべりの世界ではなく、職場や改まった場で、目的を持ったコミュニケーションを展開するときに、どうしたら分かりやすく的確に伝えることができるのかをレッスンします。あなたの知的な魅力を、思いっきり表現してください。 

 
ページトップへ

大学生・大学院生のための「話しことば」実践講座

面接トレーニングセミナー

内定を勝ち取るためのプログラム

 

自分のことばで的確に答えられるレッスン!

募集中!

 

普段から自己表現の訓練をし、どのような質問にも、自分のことばで的確に答えられるようにしておかないと、少なくとも一流といわれる企業やマスコミのような買い手市場型の面接では、歯が立ちません!

この講座では、まず、パブリック・スピーキング(人前での話し方)の基本を勉強します。つまり、「初対面の人に」「短い時間で」「わかりやすく」「効果的に」自分の考えを表現する力をつけます。遠回りに見えるかもしれませんが、結局これが、栄冠を手にする近道なのです!

 

■開講期間

 ご相談ください。   月4回   1回90分

■内容

 @自分自身を知るために    A自分の意見を持つための方法

 B何を話すか、どう話すか   C面接実践トレーニング   など

■受講条件

 プロを目指す大学生、大学院生

■費用

 ・入会金  10,000円     ・月謝  32,000円(消費税別・教材費含)

≪早稲田大学の学生さんへ≫



■【所沢キャンパス

 学生ラウンジに、講座のチラシが置いてあります。

 ※メールで予約後、チラシを持っておいでください。




《早大・学部生の特別枠について》
 ※早大生の特別枠の募集(3年生対象)は満員になりました。
 ※これから申し込む早大3年生は、他大学の学生と同じ枠での扱いになります。
 ※1、2年生の早大生枠は、政経、法学部、商学部、社会科学部の枠が満員です。
 ※他の学部の学生は、1名ずつ受け入れ可能です。
 ○紹介者がある場合は、その旨をメールにお書きください。

《早大・大学院生の特別枠について》
 ※政治学・経済学・法学・法務・教育学・教職研究科は、満員になりました。
 ※商学研究科・会計研究科・ファイナンス研究科・社会科学研究科は、各2名ずつ。
 ※ファイナンス・アジア太平洋・公共経営・文学研究・国際情報通信研究科は、各2名ずつ。
 ※人間科学・スポーツ科学・環境エネルギー・情報生産システム研究科は、満員です。
 ○紹介者がある場合は、その旨をメールにお書きください。

【早稲田大学の学生への連絡】
【早稲田大学の学生への連絡】
●早稲田大学法学部 横川敏雄記念講座「憲法裁判の現場から考える」に出席した
  学生は、レポートを期限までに提出してください。

早稲田大学総長・白井克彦氏のことば「建学の理念と伝統を知り、未来を拓け」
  についてのレポートを提出してください。詳細は、入学式の後の懇談会で配布
  したものを参照してください。 話し合いの日時は、後日、連絡します。

早稲田大学・島田陽一教授の文章を読んで、感想文を提出してください。
  制限字数は、800字。締め切りは、オリエンテーションで配布した案内書に書いて
  あります。話し合いの日時は、後日連絡します。

●比較法研究所プロジェクト講演会「旧社会主義圏諸国における法と社会…
  比較法視座による現状分析」 
第一回 ロシアにおける資本主義への移行と法
  に出席した学生は、レポートの提出をしてください。

●早稲田大学アントレプレヌール研究会・国際シンポジウム「人を幸せにする起業家
  精神と倫理」
に出席した学生は、
レポートの提出の期限が迫ってきています。
  期日までに必ず郵送してください。添削が終わった方からご連絡します。

●マスコミ志望の学生は、「インタビュー」「ルポルタージュ」「雑観記事」の提出日が
  迫ってきています。急いで送ってください。「インタビュー・ノート」の提出も忘れずに!
  添削が終わった方からご連絡します。

●「早稲田大学文学部英文学会・教育学部英語英文学会合同講演会」
  出席した学生は
、 レポート提出の期限を確認してください。

●マスコミ志望の学生は、「テレビはいかに五輪を伝えたか〜北京の現場から〜」
  
に出席して
レポートを提出してください。

●教員希望の学生は、「特別支援教育」の講演会に参加し、レポートを書いてください。
  後日、レポート発表会を開きます。

●教員希望の学生は、「子どもの心と向き合う学校(学級)づくり」のフォーラムに参加して、
  「心の健康」についてのレポートを提出してください。レポート発表会は後日発表します。
  (東京都の教員採用試験では、2年続けて「心の健康」について出題されています)

●国際関係講座「岐路に立っている日本の選択」に出席した学生はレポート提出
  期限を確認してください。

●比較法研究所第15回講演会「法の性別」に出席した学生はレポート提出の期限
  確認してください。

●「今、学力問題を問う。国際的な視野から、フィンランドの教育ガ問いかけているもの」
  
に出席した学生はレポートの提出をしてください。また、資料をメールで送ります。

●早稲田教育実践研究フォーラム「実践し省察するコミュニティ」に出席した学生は
  レポート作成のための資料がありますので、連絡をください。

●「ジャーナリズムの危機・ジャーナリズムの新しいかたち」に出席した学生は
  レポートを提出してください。

●新保祐司先生講演会「現代日本人が持つべき精神とは何か」
  
に出席した学生は、レポートを1週間以内に提出してください。

外交講座「日米関係と日米二国間条約に焦点を当てて」に出席する学生は、
  レポートの提出期間を確認してください。

●「国際シンポジウム・メディアの地殻変動とジャーナリズムの将来」に出席する
  学生は、レポートの提出期限を確認してください
 

ページトップへ
料金のご案内
入会金   10,000円
月謝 
 32,000円 (教材費含・消費税別)
授業  週一回(90分レッスン)
 ※まず、メールお問い合わせフォームにてご相談ください。
ページトップへ
実績
NHKTBSフジテレビテレビ朝日日本テレビテレビ東京読売テレビニッポン放送朝日放送共同通信社時事通信社朝日新聞社読売新聞社日本経済新聞社全日本空輸日本航空エイベックス野村證券日立製作所鹿島建設資生堂、公務員、教員など。
ページトップへ
  • 大学生のための「日本語」実践講座
  • 読売新聞 マイベストプロ東京で紹介されています
仕事のプロ養成講座大学生のための就職対策講座年中さんのための小学校受験対策講座両親面接・志望理由書対策講座
TOP「受験対話」総合研究所とは受講生と保護者の声最新情報出張授業お問合せ・お申込み
プロを育てる「受験対話」総合研究所
早稲田大学・西早稲田キャンパスから徒歩1分 >>教室案内はこちら
Copyright (C) 2006 JukenTaiwa All Rights Reserved.